Skip to main content

考える方法を学ぶ クリティカルシンキング入門-2 CLR

Enrollment is Closed

講義の概要

考える方法(クリティカルシンキング)を学ぶと、勉強ができるようになります。自分の考えが明確になり、人と共同して活動できるようになります。
本講義では、2. CLR(よく考えるための 4 つの問い・点検項目)について学びます。

履修要件

特にありませんが、CRT001 から CRT004 まで順に履修することをお勧めします。

問題と修了条件

ビデオを見て各問題に取り組んでください。
問題は、ビデオの内容を理解しているかどうか、例題を通じて実際にワークに取り組んでもらいます。問題は何度でも取り組むことができますので、全問正解をめざしてください。
全問正解をもって修了条件を満たすとします。

学習の内容を見る

クリティカルシンキング入門-2 CLR

  • 考える方法を学ぶとは?
  • CLR(よく考えるための 4 つの問い・点検項目)
  • 単語や文章の意味があいまいな場合(明瞭性の懸念)
  • 文が意味することが厳密には妥当でない場合(存在の懸念)
  • 因果関係が成立していない場合(因果の懸念)
  • 結果の原因となることが不足している場合(十分性の懸念)
  • ネガティブブランチと CLR のまとめ

講師

若林 靖永 Yasunaga Wakabayashi

若林 靖永 教授 | Yasunaga Wakabayashi

1994年 京都大学経済学部 助教授
2003年 京都大学大学院経済学研究科 教授(現在に至る)
2006年 京都大学経営管理大学院 教授(現在に至る)

専門分野:マーケティング、流通、商業、批判的思考教育

講義スタッフ

若林 靖永 Yasunaga Wakabayashi

平方 文哉 | Fumiya Hirakata

2015年 京都大学大学院経済学研究科 博士後期課程(現在に至る)


クリティカルシンキングや対話のツールとして TOCfE のワークショップを各地で開催